パニックアワー

パニック障害になったボクの考えごと

ドラマ化される『教場』の原作を読んでみた

教場

 

2020年の新春スペシャルドラマとして放送される『教場』の原作本を読みました。

その感想文というと大げさですが、ちょちょいと書き残しておきます。

 

 

目次

 

 

 

 

 

『教場』のストーリー

 

 

ざっくりと内容を紹介すると、

 

過酷な訓練と厳しい規律の中で警察官を目指す生徒たちと、

彼らを指導する冷徹な白髪教官・風間の物語。

 

警察学校を舞台にしたミステリーです。

 

 

なんだかタイトルから重そうな感じを受けて

重厚な長編ミステリーなのかなと思って読んでみたのですが

そんなことはなくて、6つのエピソードからなる短編です。

 

 

読みやすいといえば読みやすい作品です。

 

 

 

 

『教場』の感想

 

 

いきなり言ってしまうと「あまり好きではない」です…。

 

 

 

各エピソードの中で

クセのある登場人物(生徒)たちがいろいろと問題を起こし

それを何でもお見通しの風間教官がグサリとしたりチクリとしたり。

 

 

 

…なのですが、

誰にも感情移入できず、応援もできませんでした…。

 

 

 

極限の環境の中で追い込まれた人間の弱さや狡さ、

みたいなものが描かれているのだとは思うのだけど

それにしても警察官以前に人としてダメでしょ!という言動がたくさん。

 

 

警察学校はこんな悪い人ばかりが集まったところなのか…?

 

 

いろいろ突っ込まずにはいられません。

 

 

 

長編の方が良かったかも

 

 

短編であることも結果としてマイナスです。

 

 

エピソードが進んでも前のエピソードの登場人物はあまり絡んでくれません。

少し「触れる」ぐらい。

 

 

その人がどんな人間であるか、

どう改心したのか、

または変わっていないのか。

 

 

チラリとしか出ないから

こちらの感情が動きません。

 

 

長編で、長い期間を一緒に過ごせたような感覚になれれば

登場人物に対して愛着のようなものも湧いたかもしれません。

 

 

 

事情や真実が分かったときは「そう来たか」と思える

 

 

トリックとか、実はこうだったんだよ、というのが分かる瞬間の爽快さはあります。

 

ミステリーとしてはおもしろい部分もたくさんあります。

 

 

ただ、自分としてはもうちょっと感情移入できる部分がほしかったなぁ…

 

うーん、惜しい。

 

 

という感想です。

 

 

 

ドラマ版は期待できる?

 

 

ドラマ版はキムタクが風間教官ですね。

 

 

原作では白髪頭が特徴として描かれていたので

ちょっとイメージとは違うかな。 

 

 

でも案外この作品はドラマの方が楽しめるかもしれない。

 

原作に対する評価が高すぎると、だいたい映像化作品はそれを超えられませんからね。

 

 

 

『教場』ドラマ版は自分の中ではアリかも…。

 

(なお、見るかどうかは分からないもよう)

 

 

 

 

 

 

 

同じ道なら1人で運転できるぐらいに回復しかけているパニック障害の僕

 

僕はパニック障害になってから1人で運転することができなくなりました。

 

普通に運転できていたあの頃に戻りたい!

 

 

目次

 

 

 

 

一進一退する1人での運転チャレンジ

 

 

 

運転に関する記事を書くのは今回で3回目になります。

 

 

↓これは1人で運転チャレンジに成功して、うれしくなって書いた記事。

 

1人で運転しなきゃいけない状況になったけど

ドキドキせずに運転できたよ、って記事です。

 

panimaru1917.hatenablog.com

 

 

 

 

 

↓そしてこれはその直後にあっさり失敗してしまった記事。

 

1人で運転できたことを自信にするためもう一度チャレンジをしてみたけれど

動悸が始まって自分の住む団地から出られなかった、という話です。

 

panimaru1917.hatenablog.com

 

 

 

このように一進一退の状態。

 

 

一度成功したからといって、「次も大丈夫」とならないのが辛いところ。

 

不安はすぐに顔をのぞかせます。

 

 

パニック発作の予兆を感じてしまったら

しばらくはまた動けなくなります。

 

薄れかけた恐怖心がまた鮮明になってしまうからです。

 

 

 

そしてまた2ヵ月ほど1人で運転することを避けたまま過ごしてしまいました。

折れた心が回復するには時間がかかるのです。

 

 

 

2ヵ月ぶりの1人で運転チャレンジ

 

 

2ヵ月経って、「よし、もう一度やってみよう」と

チャレンジするエネルギーが溜まりました。

 

 

 

運転前に頓服を飲んでおく

 

 

今回は出かける前にあらかじめパニック発作が起きた時に飲む

頓服薬を飲んでからのスタートにしました。

 

 

前回は事前に頓服を飲むことはしませんでした。

パニックになったら頓服薬を飲めばいい。

 

「何か起きても頓服を持っているから大丈夫」という安心感に頼ろうとしましたが

いざ車の中でパニックが始まるとそれどころではありませんでした。

 

 

今回は「頓服を飲んでるから大丈夫」という安心感を選びました。

 

 

 

恐怖心を思い出させないために

 

 

さらに前回とはルートを変更

前回通った道はそのときの不安の感覚を思い出してしまいそう。

 

 

僕の住んでいる団地には出入口が2ヵ所あります。

 

交通量の多い国道につながる表の出入口と

交通量の少ない山道につながる裏の出入口。

 

 

前回は表から出ようとしたけど、今回は裏から出ます。

 

裏から出て、表の国道を帰ってくるルート。

 

10分ほどの道のりを1周して戻ってくるだけ。

 

たったこれだけのことが大冒険なのです…。

 

 

 

そして前回は自分の好きな音楽をかけましたが

それはやめてラジオにしました。

 

 

好きな音楽だと、不安が始まったときに頭にまったく入ってきませんでした。

 

何度も聴いているから逆に頭に引っ掛かってくれません。

水のごとくサラーっと通り過ぎました。

 

 

ラジオなら出演者が次に何をしゃべるか想像できません。

 

おもしろいでも、つまらないでも、何か感想を持てれば

少し不安のことを忘れられるのではないだろうか、そう考えました。

 

 

 

いざ!スタート!

 

 

団地を下っていく中でなんとなくザワザワする胸。

 

 

「大丈夫。ドキドキじゃない。ドキドキまではいってない」

 

 

1人車内で口にしながら団地を出ました。

 

 

山道は交通量は少ないです。

 

わりと道も広い。

 

ここならもし止まっても端に寄せれば他人に迷惑をかけずに済む。

これ大事。

 

 

とにかく安心できるような材料を探しながら車を走らせます。

 

 

 

 

 

5分ほど山の中を進み、いよいよ国道へ出ます。

 

 

「行ける。大丈夫」

 

ここからはまた自分の団地の方向へ帰るだけ。

 

直線1kmほどのストレート。

 

 

発作が起きて止まったらどうしよう。

そんなことは考えない。

 

 

「大丈夫、大丈夫…」

 

 

結局この日は無事に10分ほどのドライブをクリアできました。

 

 

 

 

続けざまに再チャレンジ

 

 

この成功感覚を忘れないよう、また早めに次の挑戦をしないと。

 

ということで数日後に再挑戦しました。

 

 

今度もルートは同じ。

裏から出て、表から帰る。

 

 

今度は頓服無しで行ってみることにしました。

 

代わりにこれを飲みました。

 

GABA サプリ サプリメント

 

以前にコメントの中で勧めていただいたGABAのサプリメントです。

 

 

 

 

再挑戦もザワザワする気分はあったものの無事にクリア。

 

 

GABAの効果は正直なところよく分かりません。

効いたような気もするし、あまり関係ないような気もする。

 

ただ、「GABAを飲んだから大丈夫」という暗示をかけるのには役立ってくれました。

 

 

 

 

 

とにもかくにも同じルートを連続で成功。

 

 

 

というのが8月の出来事でした。

 

 

 

 

現在は成功体験を反復している段階

 

 

現在の状態は…というと、

9月10月と同じルートを何度か1人で運転、無事クリア。

 

この道なら大丈夫…。

 

と、思えるほどに自信がついてきました。

 

 

 

 

でもまだ新しい道に挑戦する勇気が足りない状態です。

 

違う道を進むことが怖いです。

 

 

 

 

大丈夫かどうか確認してしまう

 

まだ運転中にイチイチ自分の状態を確認してしまうのです。

 

 

ドキドキしてはいないか?

 

呼吸は普通にできているか?

 

自分に聞いては「大丈夫、大丈夫」と答えながら運転しています。

 

 

1人で運転が当たり前の状態に戻るというのは

こんなことを確かめなくても、

何も考えなくても運転できる状態になったときだと思うのです。

 

 

今はまだギリギリ。

やっぱり一進一退です。

 

 

いつかまた心が折れるかもしれません。

 

考えすぎちゃいけないけど、つい慎重になってしまいます。

 

 

 

少しずつ、少しずつ

 

 

でも確実に1歩ずつ前進しています。

焦ることない。

 

 

 

いつかまた自由に1人で運転できるようになる。

 

 

新しい道。

もっと遠くの道。

 

また「よし、行ってみよう」と思えるエネルギーが溜まるのを待っている日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上がり続けるアクセス数!うれしい初成果!でもプレッシャーも…

f:id:panimaru1917:20190930105258j:plain

 

 

 目次

 

 

 

月間アクセス数が増えてます

 

 

こちらの記事の中で今月のアクセス目標を「1500」と宣言しました。

 

panimaru1917.hatenablog.com

 

 

 

で、今月の結果はと言いますと…

 

f:id:panimaru1917:20190930094848j:plain

 

なんと「2000」を超えてしまいました!

マジか。

 

 

 

 

7月に600を超えたよ!と、うれしくなって騒いで、

8月に1000を超えて、

9月に2000を超えました。

 

 

1日のアクセス数が100を超える日もあって戸惑ってます。

 

 

 

 

アクセス数アップには役立つ記事が書ければ記事数は関係ない

 

 

今月更新した記事は1記事だけ。

今日の分で2記事目。

 

それなのにアクセス数は上がっています。

 

 

 

 

最もアクセス数を集めてくれている記事は

こちらの記事。 

panimaru1917.hatenablog.com

 

「バリカン セルフカット」と検索したら1ページ目に出てきます。

(2019年9月30日の午前現在)

 

まぁ今だけかな…。

ちょっと時間が経ったらどこかへ消えてしまうのかも。

ネットって、そんな世界だよね。

 

 

 

 

アフィリエイトも続けてさえいれば成果が出る

 

 

さらにはついに初めてアフィリエイトで申込、収益も発生しました。

アフィリエイトを始めて6ヵ月目での初成果です。

 

数10円だけど、ゼロと1の差は大きい。

 

 

自分でも信じられません。

誰かのお役に立てているのならうれしいですけど…。

 

 

 

 

見られているというプレッシャー

 

 

 

しかし一方ではアクセス数が上がるにつれて

自分の中にプレッシャーのようなものが生まれてしまいました。

 

 

 

ブログは誰かにとって有益な記事が書ければ読んでもらえる。

 

 

ブログは有益なものでなければならない。

 

 

そんなふうに思い始めると、何を書いていいか分からなくなりました。

 

 

 

それが今月の更新数の少なさに表れています。

 

 

f:id:panimaru1917:20190930111046j:plain

 

 

ブログは楽しむことを忘れない

 

 

悩んで悩んで、こう思うようになりました。

 

何を自分に期待しているんだ、と。

 

 

 

そんなに役に立つことばかり書けるわけないよ。

そんなにおもしろいことばかり書けるわけないよ。

 

 

そんな能力、持ってないもん。

 

 

もっと気楽に、好きなことを書く場にしないと続かない。

 

 

 

ブログは楽しむものでありたい。

 

 

文字数がどうだとか

見出しがどうだとか

SEOがどうだとか

 

 

気にしたくない。

ただ、楽しみたい。

 

 

 

 

とにかく自分が身につけたいものは「書く習慣」

もっと更新頻度を上げたいです。

 

 

自分で自分にブレーキをかけずに思ったことや感じたことを

遠慮せずにアウトプットすることに慣れたい。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

 

 

ここで来月の目標も宣言しておきたいと思います。

(一応ね、一応)

 

 

今まで宣言したことが実現してきたから

願掛けの意味合いも込めて書いておきます。

 

 

 

目指せ月間アクセス数3000!

 

 

 

大きく出たよ。

達成できる気がしないけど言っちゃうよ。

 

 

 

お問い合わせ・プライバシーポリシー